スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

蝶ヶ岳から絶景を。

2017-07-12
2017年7月11日(火)

梅雨の晴れ間を狙って、久しぶりに蝶ヶ岳へ行って来ました。
同行者のM氏とナイトハイクを楽しんで?苦しんで?

16蝶01
力水で力を!
16蝶02
まめうち平で、いつものお稲荷さん♪
16蝶04
なんとか日の出に間に合いました。
16蝶05
お月様もお出迎え。
16蝶06
ヘッドランプで歩くと平衡感覚が鈍り眩暈がしますよ!眠いし。
16蝶07
モルゲンロート♪
16蝶08
綺麗でしたよ!
16蝶09
天気も良いし時間があったので蝶槍へ朝食に。
16蝶10
槍穂が目の前で♪
16蝶11
大迫力ですよー
16蝶12
乾杯!
16蝶13
セブンのカップ蕎麦美味し♪
16蝶14
槍穂にお別れし
16蝶15
下山開始。
16蝶16
蝶沢でドリンク冷やし。
16蝶17
最後に常念岳にお別れし家路へ。
16蝶18




三股駐車場0011=三股登山口0025=力水0052=ゴジラ0101=0157まめうち平0205=0432蝶ヶ岳0452=横尾分岐0513
=0532蝶槍0716=0752蝶ヶ岳0818=0928蝶沢0940=まめうち平1013=ゴジラ1053=三股1118=三股駐車場1131
スポンサーサイト

常念岳ナイトハイク

2016-07-18
2016年7月12日(火)
5年ぶりに常念岳へ行って来ました。

今回は、旧友のM氏同行です。M氏の仕事の都合でナイトハイクとなりました。



登山口、00:32 歩き始めました。
2016常念02




途中、いつもの「お稲荷さん」も忘れずに食します。
2016常念03




いろいろアクシデントがありましたが、なんとか胸突八丁に辿りつきました!
2016常念04





無事、常念乗越(常念小屋)まで上がってきました。
2016常念05







何とかご来光に間に合いましたよー♪
2016常念01







お槍さまもモルゲンしてます♪
2016常念06







さぁ、あの頂へ!でもピークはあの裏ですけどねー
2016常念09







1時間20分もかかって、ようやく山頂ですよーヨレヨレですよーカールおじさんは♪
2016常念10







元気ハツラツのM氏とパチリ。
2016常念08







穂高の峰々をバックにM氏。
2016常念07







前穂、奥穂、北穂ですよー涸沢小屋、穂高岳山荘、北穂高小屋も肉眼で確認できました。
2016常念12







大キレットからお槍さま♪
2016常念11







北鎌尾根ですよね?その奥は裏銀座ですかね?歩いてみたいものです。
2016常念13




大天井、燕岳方面 気持ち良く晴れてますねー
2016常念14







お供えの餅も万全です。
2016常念15




さぁ、乾杯♪
2016常念16
背中でゆすってきたので泡だらけ。






いつものサンドイッチ♪
2016常念17
眺めが最高なので、いつもより数倍美味しい!






名残惜しいのですが、眠いし帰りもあるし下山します。
2016常念18
また、来ます! 常念さま♪











0032一ノ沢登山口=0049山の神=0239笠原沢0249=0330胸突八丁=0352最終水場=0418第二ベンチ=0442常念乗越0504
=0622常念岳山頂0743=0840常念乗越0917=0929第二ベンチ=0944最終水場=1003胸突八丁=1033笠原沢=1158山の神
=1214一ノ沢登山口

雨の大滝山。

2016-06-16
2016年6月14日(火)
この時期恒例の日帰り北アルプス行ってきました。

前夜の天気予報では晴れるはずだったんですけど........
日頃の行いのせいか?  しくしく.......(ノД`)・゜・。

大滝11



朝(深夜)1時に起きまして、いざ松本を目指して高速道路をジムニーで。
圏央道のおかげで松本ICまでなら自宅から3時間かかりませんよー万歳♪




鍋冠林道を車止めまで入りまして、歩き始めます。
それがですね~雨降ってるんですよ~悲しいことに........

大滝01
でもせっかく来たので傘さして歩きますよ。



冷沢から登山道に入りまして、途中鍋冠山を通過します。

大滝06
山頂なのになんの眺望もありません。晴れててもここは眺望ないそうです。



この辺から急登が始まりました。傘さしながら「ぜぇぜぇはぁはぁ」

大滝02




稜線直下、視界何メートル。

大滝03




稜線分岐、直前の残雪。

大滝04





そして、北アルプスの稜線に。

大滝05

晴れてれば見えるはずなんですけどね~絶景が。



大滝小屋、閉まってました。

大滝07



少し先にある池

大滝09




で、大滝山 南峰。

大滝11

ここからも何も見えません! しくしく (ノД`)・゜・。
晴れてれば、背伸びすると穂高が見えるそうです.......


小屋前のテーブルをお借りして、食料補給です。

大滝10
でも、なんか小虫が多いのでゆっくりできませんでした。



分岐まで戻ってガスが晴れるのを、祈りながら握り飯。

大滝12




20分ほど粘りましたが、これが一番のショット♪

大滝13
蝶ヶ岳ですよね? 晴れてれば往復したのに。





涙に暮れながらスタコラサッサ、冷沢まで高速下山。

大滝14




なんと! 帰りの林道歩き.......晴れてるんですよ~~~そんな~

大滝15




で、本日一番の眺望♪

大滝16




んん~今年の日帰り北アルプスは悲しい悲しい結果と相成りました。

大滝17

まぁ、無事に帰ってこられたので........乾杯!


鍋冠林道車止め0547=冷沢0633=鍋冠山0800=稜線分岐1019=大滝小屋1026=南峰1034
=1040大滝小屋1051=1058稜線分岐1118=鍋冠山1241=冷沢1341=鍋冠林道車止1414

焼岳から上高地へ

2014-07-10
2014年7月8日(火)

相模縦貫道(圏央道)一部開通記念と称しまして毎年恒例の日帰り北アルプス
今年は焼岳へ行って参りました。

焼岳01
安房峠、8号か9号カーブからパチリ

ん ? 晴れてきた? 期待が膨らみます♪
(中央に見える山..........分かりません(汗))










10号カーブを曲がりしばらく走ると新中ノ湯登山口の駐車場到着。
5時50分、歩き始めます♪

焼岳02

振り返ると、ジムニー一台だけ........今回も静かな山旅になりそうな予感。










雨で泥濘るだ登山道をひたすら登ると広場に到着、たぶん「下堀出会」かな?

焼岳03

広場は晴れてるんですけど............上は?















ヒイヒイ言いながら這い上がると北峰と南峰の鞍部。

焼岳04

南峰方面は×印、立入禁止のようです。視界不良。











素直に北峰を目指します!

焼岳05

途中、強烈な硫黄臭.........頭がクラクラしますよ♪










で、北峰頂上到着。

焼岳06

ご覧のような天気で残念無念。













おっ、南峰のお姿が一瞬♪

焼岳07









有名な火口湖も見えますよ~♪

焼岳08












たぶん?新穂高方面を見下ろします。

焼岳09




しばらく粘りましたが、雲が取れそうもないのであきらめます。
さて、このまま来た道下るか?

それともBプランを発動するか?少し悩みますが、まだ時間も早いし焼岳のバッジも欲しいので
焼岳小屋へGO!





中尾峠の先にある展望台♪

焼岳10

眺望も良いし、風も強くないので、サンドイッチタイム♪


焼岳11

ついでにオニギリタイム♪





おっ?少し雲取れてきたー♪

焼岳12

定かではありませんが、方角的には........笠ヶ岳、抜戸岳、弓折岳でしょうか?












焼岳小屋到着。

焼岳13

山バッジ買いました! 


そして、久しぶりに観光客で賑わう上高地へ下りますよ~






穏やかな晴天であります! 少々虫が多いのが気になりますが。

焼岳14

ルンルン気分で歩けます♪










途中、けっこうな梯子の数ですが最難関がここ。

焼岳15

まるで槍の穂先への梯子か?ってくらい垂直でした。









右方向を見上げれば、いつかは登りたい霞沢岳ですかね?

焼岳16









登山道も、だんだん上高地っぽくなってきました。

焼岳17









登山口過ぎれば、もうすっかり上高地

焼岳18

久しぶりだなぁ~6年前かぁ~懐かしいなぁ~










相変わらず、梓川沿いも良い雰囲気で♪

焼岳19









そして、本日の最終目的地「河童橋」。

焼岳20

まぁ、それはそれは凄い賑わいで、独り.......場違いな感覚を抱きます。





焼岳21

穂高連峰も拝めず..............6年前は綺麗だったなぁ~





さぁ、いざタクシーで新中ノ湯へ(独りで乗ると勿体無い)
無事ジムニーの元へ帰還♪

焼岳22
ドライバーさん、ありがとう♪





焼岳24

気がつけば雨も降り出しました。さぁ、気をつけて帰りましょう!
260km。





今回開通した相模縦貫道(圏央道)

焼岳25

快適ですよ~



でも、ショックな事が...............

焼岳26
分かります?中央右、木の幹のところ..........飛び石です!やられました!フロントガラス。





今年も耐久レースの様な日帰り北アルプスでしたが楽しかったですよ!

焼岳27

さて、来年は何処へ?


新中ノ湯登山口0550=0705下堀出合=0800北峰南峰鞍部=0809北峰頂上0826=0913展望台0924
=0928焼岳小屋0930=1052登山口(上高地)=1127河童橋1129=1137バスターミナル=1201中ノ湯登山口



漆黒の合戦尾根。

2013-07-11
2013年7月9日(火)
北アルプス燕岳ナイトハイクに行ってきました。


前回、いまるぷ隊長に連れて来てもらったのは3年前。
あの時は月の光が明るく優しく夜道を照らしてくれました。


その時の記事はこちら




今回は、新月ということでお月様は影も形もありませんでした。
ヘッドランプ消すと辺りは漆黒の闇.....でもその分、見上げれば満天の星が広がっておりました。
撮影技術がないため星空の画像はありません。お許しを!

今回も旧友(M氏)のリクエストに答えてのハイクです!
北アルプスの山々特に槍ヶ岳が見たいと言うので引率であります。
常念岳も考えたのですが、夜道を歩くとなると少々心配な箇所があるので
今回は迷い様のない合戦尾根を行くことになりました。









中房温泉の駐車場に着いたのは午前1時頃でした。月曜日の深夜にもかかわらず八割方埋まっておりました
車中泊の方もおりますので静かに静かに登山口へ移動します。

燕01

登山口(トイレ)前のテーブルで身支度ザック支度を整えてます。
深夜1時ってことは普段ならとっくに夢の中であります!なので眠い眠い。














さぁ、1時29分ナイトハイクの開始です。

燕02

自分のヘッドランプとM氏のヘッドランプだけが闇に光ります。
やっぱり、独りじゃナイトハイクは無理だな、とても独りじゃ歩けません!(恐くて)


ず~っと暗闇なんで写真はまともに撮れません、写りません!
ひたすら歩き続けて空が少し白んできた頃、合戦小屋に到着です。


燕03

合戦小屋から東の空を望む。












もう少し歩いて、合戦沢ノ頭からの眺望。

燕05

遠くにクッキリ富士山の頭♪







ギャ~早くしないと太陽が.......

燕06








あぁ~ご来光です~

燕07










さぁ、急いで燕山荘へ!

燕08

あと、もう少し♪










そして、燕山荘からの眺望♪

燕10

あぁ~お槍様の「モルゲンロート」間に合わず.....残念。









でも、今回は晴れてますよ~ほぼ快晴!

燕11

贅沢言っちゃいけません!







向かう、燕岳にも雲は無し!

燕12

素晴らしい眺めです♪








東側には、綺麗な雲海。

燕13

燕14

燕15

満足、満足♪








そして、燕岳山頂♪

燕16

山頂は風が強くて長居はできませんでしたが、眺望は最高でした。













小屋に戻り、我慢できずに乾杯♪(まだ朝7時前)

燕17

大ジョッキですよ!



あっ、こら! 乾杯前に呑みやがって。










スタコラサッサっと下山して

燕18

中房登山口にて記念撮影♪




しかし、完全徹夜は堪えます!



もう.......体力的に無理かも?






中房温泉0129=第一ベンチ0200=第二ベンチ0228=第三ベンチ0259=富士見ベンチ0332=合戦小屋0404
=0508燕山荘0535=0557燕岳山頂=0628燕山荘0706=合戦小屋0746=富士見ベンチ0807=第二ベンチ0858
=第一ベンチ0912=中房温泉0935


<< topページへこのページの先頭へ >>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。